1953.我が青春のサウンドトラック

一青年の時から、65歳の初老のジジーイ、までの間に楽しんだ、音楽など、その時代のカルチャーを回想していきます。

モンタレーポップフェスティバル 1967  vol.2

f:id:nobka:20181102110910j:plain

 この野外イベントは、僕にとって、その後の音楽少年の方向を教えてくれました。 
 
 当時の有名ミュージシャンが多数参加しましたが、ママ&パパ、S&Gはもちろん、
ビック・ブラザーとのジャニス、クウィック・シルバー、ローラ・ニーロ、ジェファーソン、モビーグレイプ、ザ・フー(イギリス勢)など、、、
きりがありませんが、何と言っても、アル・クーパー、マイケル・ブルームフィールド(ポール・バターフィールド)の格好よさでした。
当時、白人ブルースかぶれだった僕の感性に届きました。その後、彼らを追いかけて、フィルモア(今後、記事を掲載します)まで付き合いました。そして、当時、あまり理解できなかった、ソウルミュージックを聴き出すきっかけとなった、オーティス、’67のカリフォルニアにいたら、幸せだったと思いました。(ちなみに、その後、新婚旅行に、西海岸に行き、モンタレーをはじめ、音楽の思い出の場所を廻りました。
 
 「卒業」のコーストハイウェイをアルファロメオならぬ、日本車のレンタカーでドライヴしたのが、昨日のように、思い出されます。
 
 次回に続く